痴漢に遭わない対策法

服装で痴漢対策

服装を注意するだけでも痴漢対策になるのです。

 

まず、露出が多すぎない服装を基本と考えましょう。

 

冬場は厚着になることが多いですが、夏場は下着が透けて見えたりしていないか、自分でしっかり確認してから服を選びましょう。

 

スカートが短すぎるというのも問題です。

 

スカートよりもパンツスタイルのほうが被害は少ないので、電車に乗る時だけでもスカートを避けたり、あとから着替えるようにしたほうが良いかもしれません。

 

男っぽい服装をする事で痴漢対策効果が高いと言われています。

 

ただ大きめの服を着ればいいというわけではなく、フリフリしたかわいい系の服よりもビシッとしたパンク系の格好のほうが被害に遭う確率が少ないようです。

 

例えば目の前に白やピンクでコーディネートした人と、赤と黒のみでコーディネートした人がいた場合、白とピンクの人のほうが柔らかい印象を受けるでしょう。

 

それから露出が多い服装の場合は挑発的だと捉えられてしまうかもしれません。

 

どんな服装をしていたとしても痴漢されればした方が当然悪いです。

 

しかし、女性の側が対策を考えなければならない場面も多いことは理解しておかなくてはなりません。

 

痴漢対策のための服装として言えることは、あまり露出が多くない派手すぎない服、それからかわいすぎない服を身に付けるといったところでしょう。

 

どうしてもファッションとしてミニスカートなどを履きたい場合は、痴漢対策として電車の中だけでも大きめのパーカーを着るなどの対策をしてみるといいですね。

服装で痴漢対策関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

服装で痴漢対策