痴漢に遭わない対策法

痴漢に遭いそうな時の対策

被害に遭いそうな時の痴漢対策についても知っておきましょう。

 

最初からがっしり触ってくるというより、徐々に触ってくる人が多いようなので、最初のうちは何となくおかしい気がするという程度です。

 

ですが、それをそのままにしておくと被害に遭ってしまうことになるので、早目の痴漢対策を考えておきましょう。

 

電車内で犯行に及ぶ人は、最初は軽く触って騒がないか様子を見ます。

 

ここで大人しくしてしまうと、徐々に行動がエスカレートしてくることになるので、確実に犯人であるという確信が得られなくても痴漢対策を実行しましょう。

 

おすすめなのが咳払いです。

 

何の反応も示さないのが一番危険なので、触っている人への警告の意味もこめて大げさに咳払いしましょう。

 

そうすることにより「これ以上触ったら騒がれるかもしれない」と思わせることが出来ます。

 

それも難しい場合の痴漢対策としては、移動です。

 

満員電車では移動するのが難しいですが、「すみません」と声をかけながら今いる場所を少しでも移動しましょう。

 

基本的に犯人がついてくることはありません。

 

無理やり移動している女性に、同じく無理やりついて行く男性がいたら明らかにおかしいですよね。

 

自分が被害に遭った際にはどんな痴漢対策が一番向いているのかを考えておくのもおすすめの方法です。

 

例えば、周りに助けを求めることが出来るのか、犯人を睨みつけることが出来るのかなどです。

 

それらが性格上出来ないと考えるのであれば、何が何でも女性専用車両に乗るようにしましょう。

痴漢に遭いそうな時の対策関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢に遭いそうな時の対策