痴漢に遭わない対策法

制服の痴漢対策

最も被害に遭っている年代と言われているのは20代だと言われていますが、女子高生の被害もたくさんあるようです。

 

また、泣き寝入りしている人の数を入れると、もしかしたら20代の人よりも制服を着ている女性のほうが被害が多いという可能性もあるでしょう。

 

電車で学校に通学しているという人は、しっかり痴漢対策を考えておかなければなりません。

 

特に有効だとされている痴漢対策は、制服のスカートの下にジャージを着るという方法です。

 

やはり、足が見えていないほうが被害に遭う確率が減るそうです。

 

制服=かわいいものだとおもっている男性が多いので、その下にジャージを履くことによりかわいさを半減させる効果が期待出来ます。

 

これは学校では禁止になっているところが多い様ですが、電車に乗る前にジャージを履いて、電車から降りたら脱ぐようにすれば問題ないのではないでしょうか。

 

制服を着ている人はそれだけでターゲットにされやすいので、十分に痴漢対策をして注意をしましょう。

 

特に大人しく見られがちな人は痴漢対策を取ったほうがいいのですが、学校の規則などで髪を染めるのが禁止されていると、髪色が暗いだけで大人しく見られてしまうこともありますので注意が必要です。

 

それから、制服がとてもかわいい学校などの生徒も注意しなければなりません。

 

出来れば、同じ学校に通っていて同じ駅から電車に乗るような友達を作っておくというのもお薦めの方法です。

 

何かがあった時、知らない人には助けを求めづらいものですが、知っている友達が近くにいる場合はすぐに声を出すことが出来るでしょう。

制服の痴漢対策関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

制服の痴漢対策