痴漢に遭わない対策法

エレベーターの痴漢対策

エレベーターも痴漢対策を考えておいた方が良い場所と言えるでしょう。

 

特に、デパートなどの人の入れ替わりが激しい場所とは違って、夜遅くになってからの自宅マンションのエレベーター利用の際は注意が必要です。

 

もちろん、遅い時間だけではなく昼間のエレベーターに乗る際にも注意したほうが無難でしょう。

 

出来れば乗らないのがよいのですが、高層マンションともなると階段で移動するのは大変です。

 

まず、乗る前に周囲を見渡し、周りに怪しい人がいないかどうかを確認しましょう。

 

もし誰か乗ってきそうな人がいた場合は、その人を先に乗せて見送ってから次のエレベーターに乗る事をお薦めします。

 

こういった痴漢対策をしていても、突然ドアが閉まる直前に乗りこんできた人がいたら要注意です。

 

隠れていた可能性が高いので、必ずすぐにボタンを押して次の階で降りるようにしましょう。

 

逆に、到着したエレベーターに既に怪しい人が乗っていた場合には、携帯電話に着信が来たフリなどをして乗らずに見送るのが痴漢対策です。

 

それから、すぐに逃げられるようドア付近に立つのは基本です。

 

誰かが乗ってきたことに対して驚いて奥に行ってしまうと逃げられなくなります。

 

本当に犯人となり得る人だった場合、背を向けるのも危険なので、降りる直前まで壁を背にして立つようにしましょう。

 

痴漢対策の基本として、「もしかしたら痴漢かもしれない」という考えを持つことがとても重要な事です。

 

この危機感を持って対策を取りましょう。

 

違っていたら失礼かもしれないと反応を迷っていると、被害に遭う可能性が高くなってしまうのです。

エレベーターの痴漢対策関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

エレベーターの痴漢対策