痴漢に遭わない対策法

痴漢対策は始めが肝心

まだ被害に遭っていない人が痴漢対策として覚えておいたほうがよい事は、一番最初に被害に遭った時が肝心だということです。

 

実は、常習犯の前に居たとしても、被害に遭いやすい人と遭いづらい人というのがいるのです。

 

これは、見た目が派手で騒がれそうといった理由も関係していることが多いようですが、初めは様子を見るために軽く触るという人が大半のようです。

 

痴漢対策を考える上で大切なのは、この様子見の段階できちんと痴漢対策が取れるかどうかだと思っておきましょう。

 

ほとんどの場合が全く見ず知らずの女性に対して行為に及ぶわけですから、その人がどんな性格をしているかなんて分かるわけはありません。

 

見た目はおとなしくても物事はハッキリ言う人かもしれませんよね。

 

最初は軽く触って騒いだりしない人か探りますが、この時に異変を感じることが出来るようにしておきましょう。

 

特に被害が多い電車の中を例にあげると、被害に遭う女性は、後ろから触られることがほとんどなので、意図的に触られているかどうかの判断がしづらい場合もあるでしょう。

 

声を出そうかどうかと迷っているうちにおとなしい人だと判断されてしまい、次回からのターゲットにされてしまう可能性も十分にあるので、怪しい動きをしているとちょっとでも思ったら、振り向いて顔を見ましょう。

 

かなり効果絶大なので是非やってみてはいかがでしょうか。

 

被害に遭ってから痴漢対策を考える人がとても多いですが、その時はパニックになって対応出来ない可能性も考えられるので、被害に遭う前から痴漢対策を考えておきましょう。

痴漢対策は始めが肝心関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢対策は始めが肝心