痴漢に遭わない対策法

痴漢対策と我慢の危険性

痴漢被害に遭っているにもかかわらず全く対策を取らないという人も中にはいます。

 

特に多い理由として挙げられているのが、何とかしなければならないという意識よりも恐怖心のほうが勝ってしまい、我慢していれば行為は治まると思っている場合です。

 

ですが、実際に被害に遭っているのにそれを我慢しているという人の意見を確認すると、行為は治まるどころかどんどんエスカレートすることが多いようです。

 

これは触る人の立場から考えると分かりやすいでしょう。

 

電車を例に考えた場合、毎回違うターゲットを探すよりも、騒がない安全性が高い女性に的を絞って行為に及ぶ可能性が高いのだそうです。

 

一度被害に遭っても痴漢対策を考えずに、それを我慢してしまうということは、行為に及ぶ側の人からすれば「あの人は騒がないから安全だ」と判断されてしまうかもしれません。

 

それから、何度も我慢を重ねているうちに、これは仕方がないことだと諦めてしまう人もいるようです。

 

あり得ないことをされているにもかかわらず、それが犯罪行為であるという意識が薄れてしまう事は大変なことです。

 

確かに痴漢対策の中には勇気が必要になるものもありますが、我慢するということは絶対に不快感に繋がってしまうはずなので早目の痴漢対策を心がけましょう。

 

電車で通学する学生の中には、耐えられなくて学校を辞めてしまった人もいるのです。

 

これは、社会人でも通勤の際に電車を使うのであれば同じことが言えるでしょう。

 

痴漢対策の中には、ちょっとした心掛けをするだけで被害に遭わなくなる方法などもあるので、そういったものから試してみてはどうでしょうか。

痴漢対策と我慢の危険性関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢対策と我慢の危険性