痴漢に遭わない対策法

痴漢にあたる行為

痴漢対策について考えるということは、行為の内容などについて知ることでもあるのです。

 

何が痴漢行為にあたるのかが分からないと、詳しい痴漢対策を立てることが出来ないからです。

 

まず知っておかなければならないのが、どの程度の行為が「痴漢」として判断されるのかという点です。

 

これを知っておかないと自分が被害に遭ってしまった場合に、もしかして勘違いかもとか、この程度でそうとはと言わないのかも…といった迷いが生まれてしまい、痴漢対策も遅れてしまいます。

 

例え直接肌に触れていなかったとしても、服の上から胸や腰、お尻や足などを触った場合も立派な罪になるのです。

 

手を使わずに自分の体を押しつけてくる行為もそうなのです。

 

これはどうなのか?というのを考えた場合のチェックポイントは、その行為によって不快になったかどうかという事です。

 

自分が卑猥だと感じる行為で不快感を得た場合にはそう判断してよいでしょう。

 

また、行動ではなく卑猥な発言をした場合にも罪になる場合もあります。

 

痴漢対策を考える上で迷ってしまうのが、自分が不快に感じている行為は意図的に行われているものなのか?と考えてしまうことがあります。

 

例えば、満員電車の中では体が押し付けられるのは仕方がない状況が出来上がってしまうこと十分に考えられる事です。

 

しかし、明らかに股間を押しつけてきたり、向きを変えたりしてもお尻などのポイントを狙って体を押しつけてくる行為は意図的である痴漢行為である可能性が高いです。

 

はっきりとした基準はありませんが、不快感をポイントに考えた方がよいでしょう。

 

痴漢にあたる行為関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢にあたる行為