痴漢に遭わない対策法

携帯で痴漢対策

携帯電話の痴漢対策も実践している人がとても多いそうです。

 

例えば、暗い夜道で電話をしながら帰るというものが一般的ですね。

 

誰かと連絡を取り合っている人をターゲットにするというのは、犯行に及ぶ側からしても大変リスクがあることなので、有効な痴漢対策の一つだと言えるでしょう。

 

特に、全く人通りの無い道を通る場合は、大きめの声で話しながら早歩きで歩くようにしましょう。

 

しかし、毎日仕事が遅くなって、誰かに毎日電話するわけにはいかないという人もいると思います。

 

その際には電話している「フリ」だけでも十分に効果があります。

 

適当に架空の会話を考えながら、携帯電話を使って話をしているフリをするのです。

 

それから、スピードダイヤルで110番通報が出来るようにするのもおすすめの方法でしょう。

 

周りにお店や民家がないような場所をどうしても通らなければならない場合は、被害に遭ったとしても誰も助けてくれる人がいません。

 

そんな時の痴漢対策として、ワンプッシュで警察に電話が繋がるようにしておいた方がよいでしょう。

 

もしどこかに連れ込まれそうになった場合には「警察に連絡した」と宣言するのです。

 

もちろん、これは実際に通報出来ていない場合でも有効なのです。

 

それから携帯電話の中には防犯ブザーがついている機種もあるので、自分の携帯電話にその機能がないかどうかを確認しておきましょう。

 

また、有効な痴漢対策の一つとされている犯人の動画撮影にも使えるアイテムなので、電車内や人気がない場所に行く際には携帯電話を握りしめておくことをお薦めします。

携帯で痴漢対策関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

携帯で痴漢対策