痴漢に遭わない対策法

痴漢対策の考え方

痴漢対策を考える女性のほとんどが、実際に一度被害に遭ってしまった人です。

 

被害に遭うまでは自分には無関係だと思っていたり、あまり深く考えなかったという理由で痴漢対策を取っていなかったという人がたくさん居ます。

 

ですが、実際に一度被害に遭ってしまっている人というのは、狙われやすい状況にある人かもしれないと考えることが出来るでしょう。

 

自分は絶対に大丈夫と思っている人でも被害に遭うことはありますので、自分の基準は犯行に及ぶ人の基準と合致しないと自覚しておくことが重要です。

 

大切なのは、前もって予防策を取っておくということなのです。

 

例えば、被害に遭ってからどうやってその状況を回避しようかと考えるのは当たり前のことではありますが、それより先にどうすれば被害に遭わずに済むのかということを考えておくことがとても大切だと言えます。

 

被害に遭う前の対策はいろいろあります。

 

例えば格好に注意したり、痴漢被害に遭いやすい環境を避けるといった痴漢対策をする事です。

 

実際に被害に遭ってしまった時に何か痴漢対策を考えておけば良かったと後悔する人も多いようですが、その時に後悔してももう遅いです。

 

気が強いからといってその状況の時に大声が出せるとも限らないのです。

 

よくテレビやドラマで見るような相手の手を掴んでつまみ出すといった行為が出来るのはごく一部の人でしょう。

 

自分が痴漢された場合そういった行動が出来ると過信せずに、もしかしたら声も出せないくらいびっくりするかもしれないと考え、防犯ブザーなどのアイテムも検討してみる事をお薦めします。

痴漢対策の考え方関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢対策の考え方