痴漢に遭わない対策法

表情で痴漢対策

道具を用意しなくても簡単に出来る痴漢対策としてよく挙げられる方法が、表情に気を付けるという方法です。

 

データ上、機嫌が悪そうな女性に対しての被害が減ったという結果が出ているそうなのです。

 

別に機嫌が悪くなかっても機嫌が悪い顔つきというのは出来ると思うので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

しかし、これは電車などで後ろから触ってくる人への痴漢対策としてはあまり効果は無いでしょう。

 

電車など四方を人に囲まれた場所で出来る痴漢対策としては、下を向かないということです。

 

やや上を向いている人よりもやや下を向いている人のほうがおとなしい印象を受けますよね。

 

そういった人は狙われやすい人だと言うことも出来るので、胸を張るようなイメージで顔を上げて電車に乗るようにすることも痴漢対策の一つでしょう。

 

それから電車等で怪しい動きをしている人がいたら、その人をしっかりと見ましょう。

 

一度顔を見られると行為をストップする確率が非常に高くなるそうです。

 

顔を見るというのは大変勇気がいることではありますが、これは本当に効果が高いということを覚えておきましょう。

 

ただ振り返って後ろを見て相手と目を合わせるだけなので、言葉を発する必要もないのです。

 

更には全く関係がない人を痴漢だと間違えてしまう冤罪が問題になっていますが、ただ見るだけなので相手を間違えていたとしても嫌な思いもさせることはありません。

 

いつもぼーっとしないようにして、あたりに注意を払っている雰囲気を出せるといいでしょう。

表情で痴漢対策関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

表情で痴漢対策